2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.06.05 (Tue)

オールナイトニッポン☆ゴールド^^v

数日前に情報キャッチ。
拓郎さん・坂崎さんがキンキとの出会いと軌跡(大げさかな)と語ってくれると。

忘れないようにしようと、思っていたのだが、やはり、すっかり忘れてしまった・・でもって気付いたのが、11時過ぎ・・うわ~~間に合うか?11時15分頃、慌ててMDで録画少しリアルタイムで聴き入ったいたら、キクチPの話をしていて、“おっ!これからか?”と少し聞いていたら、キンキとの出会い・印象をお話していて、一安心。レアなキンキの素顔・・大人な2人の会話に心地よい気分で、録画セットして、寝ました。(ハハハやはり寝る
その前にキンキの事お話していたかどうかは判らないけれど、とにかく11時過ぎからの録画をリピして聴きました。

割愛しつつ、レポしてみました。

拓郎さん「キクチさんから何度か歌番組にゲストで出てくれ・・って言われてて、“俺その歌番組に出る気あんまりないんだよ・・”って言って、それだったら、番組作れって言っていたんですよ。毎週、週一の帯でいいから≪エド・サリバンショー≫がやりたいって。この番組に出れる歌手はステータスとして、はくがつく・・そう言う歌番組があっていいじゃない・・って。それだったら、俺、エド・サリバンなって、司会する・・って。
キクチPが企画としては面白い。納得できるが、拓郎さん一人じゃ問題があります。数字です。あなた一人じゃTVの数字がとれない・・って辛辣に言われたんです。で、数字とはなんぞや・・と、どうやって、歌番組とか成り立っているのか?とか、事細かにキクチくんに教わって!」

坂崎さん「そんなことまでハッキリ言うんですね?」

拓郎さん「ハッキリ言われて、俺すっきりして、なるほどな・・と、俺は夢を叶えたいからさ、夢を叶えるには数字というものも必要だと。ある程度数字取らないと、続けてやっていけないと、非常に納得いくことで、じゃあどうすればいいかと・・と言うところに、キクチPが“キンキキッズと言うグループがいるんですが、まだCDデビューしていないので、まだブレイクする前なんだけれど、間違いなく僕はブレイクするとにらんでます。”と、で、俺はどこの事務所?って聞いたら“ジャニーズです”と。俺はジャニーズと言うと、SMAPは知っているけど、キンキキッズは知らなかったんだよ。お笑いグループかな・・と思って、お笑い系の人だったら、僕ヤダよ・・って言って。そしたら“そう言うんじゃありません、ちゃんと2人っきりで・・ヂュオで、歌も歌うし踊るし、これから芝居もするようになるし、間違いなくブレイクするって思っている”って、キクチが‥そう言うところからこの番組(Love Love愛してる)が始まろうとしているわけ」

坂崎さん「キンキは、リハーサルまでは会ったことなくて?」

拓郎さん「いや~リハーサル前に何度か顔合わせしてるんです。すっごい礼儀正しい2人で、ビックリして。あと、ビックリしたのは2人ともすっごい無口で。口数が少なくて。」

坂崎さん「緊張していたんじゃなくて?」

拓郎さん「いやぁ~~あの2人無口だよ。吉田拓郎と坂崎みたいにべらべら喋らないよ。しかもまだ子どもだからさ。まだ17歳だったんだから。すごい言葉数が少なくて、なんか抑えている2人だったなぁ・・印象が。もっと関西弁で喋り捲るかと思っていた。」

坂崎さん「で、それで、エド・サリバンショーみたいっていうか、拓郎さんの考える音楽番組の狙いは・・どうだったんですか?始まってみて。」

拓郎さん「坂崎もそうだけれど、始まる前にミュージシャンの一流を集めなくちゃ気が済まないって。お金がかかるかもしれないけど、名のあるミュージシャンを集めたいと。ミュージシャン集めが凄い時間がかかった訳。始まるまでに苦労したんだよ。いろいろ」

拓郎さんの≪Love Love ~≫番組の感想。
「若いアーティストが来るんだよ。若いゲストん時に俺面食らうんだよ。判らないアーティストが来ると・・・。
若い観客の中でやるって恥ずかしい・・ヤダなぁ~って、辞表を。。
ゲストを含めて4人でバカ話をしなきゃならないって、ヤだったなぁ。」


拓郎さんがTVの司会をキンキとやって。。

拓郎さん「音楽作りが変わったし、キンキキッズと言う若者を知って、凄い身体が洗濯された気分になったね。
あいつらは俺を洗ってくれたな。非常にあの2人とずっと時間を過ごしててさ、俺変わったの自分が。ウチのヤツにもね、“拓郎変わった”って言われた。先ずね、着るものが変わったね。おっさんくさくなってたんだけれども、全部なくなって、スタイリストさんっているじゃない。キンキと一緒に、カムカムギターキッズって、コーナーで必ず着なきゃならなかったじゃない。あれで、変わったね。それからキンキの2人が時々俺にボソボソッ・・っと、いろんなことを情報として、教えてくれる訳よ、今こんなのが流行ってます・・って関西弁で。
俺は光一と剛に凄く・・育てられたと思っている、自分が。50過ぎてから良い人生を送れたと思うよ。あの数年間は貴重だね、俺にとって。特にキンキキッズとの出会いは大きかったね。」

坂崎さん「そうですよね、結構打ち上げに行ったりとか」

拓郎さん「一緒にいたよ。あの・・旅先もさ、ロケに行ったりとか海外に行ったりとか一緒に過ごしているわけじゃない。収録が終わった後とかも、だから一緒の時間が長かった。」

坂崎さん「確かに拓郎さはあの番組から変わりました。あと、キンキキッズにギターをね、拓郎さんと僕で2人で、この、いっこも弾けなかったところから」

拓郎さん「♪きよしこの夜 も弾けなかったんですから」
坂崎さん「あれは凄いインパクトがあったみたいで、弾けなかった連中とかこれから始めるって人たちが・・」
拓郎さん「いや~剛なんか一流ミュージシャンになったじゃないの」
坂崎さん「もうね、で、光一も、いつ練習してるんだろう・・って思うくらい」
拓郎さん「光一はね・・練習してない。」
坂崎さん「アイツでも飲み込み早いっすねぇ~」
拓郎さん「(飲み込み)早いんだよ・・アイツはだけどね、我流でね、わりとそう言うふうにやってのけちゃうタイプなのよ。わりとね、ああ見えて、光一は器用なんだよ」
坂崎さん「ドラムとかもやっちゃう。剛は意外とコツコツ型」
拓郎さん「あ~(剛は)コツコツ型。光一はハッタリ型」
坂崎さん「ハッタリ型か・・やるって言うと出来ちゃう。本番前にちょちょちょっとやるだけで」
拓郎さん「そんだけなんだよ、絶対練習なんかしてないんだよ。アイツすぐ判るんだけどね。やってるように出来るんだよ。」
拓郎さん・坂崎さん「2人の才能を改めて発見しましたねぇ~。
あの番組で自分たちもいろんなミュージシャンとの交流も広がりましたねぇ~。」と〆ていました。

オジサントークはいつ聴いても楽しいね。
なかなか、聴く機会ないのだけれど^^

キンキキッズのバランスを感じるね。
当時、私も光ちゃんの(ラブラブに限らず)器用さに感心していた一人です。
坂崎さん・拓郎さんは今も、これからもキンキを見守ってくれていますね。
有り難いことです。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

拍手コメントのお返事です
11:42  |  ラジオ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.02.26 (Sat)

futari【どヤ】

久々にリピした、futari【どヤ】
21日(月)は録音忘れた。

22日(火)
オープンング
『はい‥堂本光一でぇ~~す』『タモさん?』『はい、始まったよ、ほらぁ~』 ←この言い方があま~~い。

救急搬送のこと
『もう、うごけないよぉ~』 (←光ちゃん得意のデブキャラ)
ロスでの救急車のランプの光具合に喰いついた光ちゃんでした。

MV撮り。ダウンタウンでちょっとやってから、移動。ロスっぽい所に行く・・って。
箱根?っちゅうくらい霧が凄かったらしい。
やっと着いた海は“熱海”(ロスと言うよりも)だったそうです^^

『肌寒いし~』 『撮影終わった頃に太陽出てきたし』 『そう言うもんやな』『うまくいかん』(笑)
『悟った後は嘆きです』

う〇ちネタにリアルに答える光ちゃん。。リアル過ぎて‥‥これこそドン引きした私(笑)
光ちゃん「すごい」‥を『つごい』って言った。ツヨちゃんウケた。

ちょいちょいデブキャラ登場で、光ちゃん可愛かったし、つよちゃんのツッコミもおもろかった。

Time ‥ん~~フルで聴かないと感想かけないや。
まだスルメになっていないし。あぁ・・踊らないな‥ってのは判る。ちょっとガッカリもしてる。

ポエム‥早口言葉のラジオネーム。光ちゃん苦手なんだよね『はぁ~…』って、テンション下がってたけれど、上手く言えて、満足げ。

23日(水)
スペシャルウィークでポエム祭り
今回は終始、雑なコメントの光ちゃんなのでした~~。
でも光ちゃん、ポエムコーナー『好き』だそうです。

これから堂本兄弟のリハに呼ばれてる・・って言ってました。

その兄弟・・明日は撮って出しだね
「函館の女(ひと)」キンキも歌うんだ?Love Love~以来なんだね、サブちゃん
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
22:30  |  ラジオ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.01.04 (Tue)

月曜【どヤ】

『32歳になり~ので~。。“新年・・登頂に関するお話”(略)』
俺は高い所平気やろ・・って目で見られるんですけど、別に人並みに怖いですからね。』


ふつおた
投稿⇒「世界史の教科書に書いてあったのですが、パン・・はギリシャ神話の神の名前だそうです。」
『パン、お前神やて。まぁ・・神やな・・神やお前は。。しかとや。完全しかとや。まぁでも全然そんなとこから名前はとってませんし、パンはパンや。』
と、ばっさり・・。光ちゃんらしい

数字王 投稿⇒「1億3000万本」
答は「日本での傘の年間消費量」
『俺この何年間も一本も買ったことない。
でもビニール傘率がメチャメチャ多いみたい。センスが問われない楽さがいいのかな。
凄いなぁこんなに消費されるんだ。ゴミとしても毎年1億3000万本分でてる可能性もあるわけでしょ?
これこそエコについて考えた方がええかもしれんな。』

※光ちゃんの移動は100%車でしょうから、傘さすことないでしょうね。

歌 Family~ひとつになること~どうぞ』

ぽえむ
投稿⇒「サンバイザーのつばを顔の前に持ってきて、さらに頭にフードを被っているオバちゃんがいた。ダースベーダーかと思った。」
『イヤ‥よくいるでしょ?こんなおばちゃん。なんでダースベーダーなの?結構いるじゃない。ま、普通のキャップ、帽子被ってフード被っているなんか厳ついっぽい兄ちゃんもいるし。
ま、いいんじゃないですか?おばちゃんなりのオシャレなのか、陽よけなのか。。
ね。。ハイお相手は堂本光一でした。。バイバイ』


※おばちゃんの陽よけ対策ですよ、年とるとどんどんシミが増えるから。。でも主婦は買い物にも行かなくちゃならないし、予防でしょうね。
私はサンバイザーは被らないけれど、やはりウォーキングの時はちょっとツバ広の帽子被りますもん。
目への紫外線直射予防のためにUV加工のサングラスも外せませんし。(私の場合、特に目が弱いので)
手袋もしないと、手の甲にシミが出来やすいので。そう、年追うごとにリスクが伴う訳で、日々、オバちゃんなりに努力しているのです。これ以上やけない様に‥これ以上シミを作らないように。
でも、いくら努力しても、シミは容赦なく発生してますが(悲)

久々に新年の(一応)光ちゃんの声を聞きたくて、録音しておいたのですが、相変わらず低温・低音ですな・・ハハ

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

拍手コメントのお返事です
17:53  |  ラジオ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.10.21 (Thu)

futari【どヤ】

寝る時のクーラーの設定温度はfutariとも、27度だそうで、よかよか。。あまり下げたらダメよん。身体に悪い。
1位2位3位それぞれ、1度の差・・・futariともめんどくさそ^^;

オレファン
ツヨちゃんの擬音“うぃ~~ん”が愉快。
ちょいちょいツヨちゃんの愛の手。。おもろ~~。

「お知らせ。。2010年12月1日KinKi Kids 30枚目となるシングル発売決まりました。今回は提供曲ではなく、futariの合作という形で、記念すべき・・」 
「グシングシングシン・・」ってツヨちゃんの合体擬音が^^;

カナブル

ぽえむ
エロい言葉を調べることあるんですかぁ?こういっさぁ~ん。
「結構あっちいってこい・・ってなるんです。。」って光ちゃん。ツヨちゃんに大ウケです。

早速、今日予約してきました。ハイ・・初回盤のみですがね
温かみのあるミディアム・バラードとな。。。どんなんだろうね。とにかく12月の歌番組で、futariに逢えるのが楽しみです

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
23:10  |  ラジオ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.09.03 (Fri)

レコメン‥続き

昨夜は頑張って終わりまで聴いたぜよ~・・で、寝不足。。

感想の前にレコメンの続き。
どヤ‥15年続けている・・って話
光一「ほんまね、思う・・リスナーの方は勿論、スタッフの方は~よう続けてくれているな・・と」
ヨコ・ヒナ「そう思うんならちゃんと声だしましょ。。」
光一「それを好きやと・・ホッとするんです・・って人も。中にはお叱りの声もあるかと思いますけど」
ヨコ・ヒナ「タイトルコール何言うてんか判らん時ありますもん“ほにゃ〇×&%$#~~”」
光一「じゃ~オレ、いつもやってるテンションでやってみようか?」
光一「はい~堂本光一で~す。。え~普段は意識をしてぇ~ださない~」(爆笑)
ヨコ・ヒナ「タイトルコールしてみてください」
光一「え?プロアクティブプレゼンツ~」
ヨコ・ヒナ「イヤ・・自分の番組のタイトルコールしてみてくださいよ。なんで、プロアクティブ~~~」
光一「え?え~キンキキッズ・どんなもんや・・はじめましょう!」
ヨコ・ヒナ「(爆)今のマジでしょ?張ったほうでしょ?」
光一「ちょっと、声がちっさい中もちょっと明るい声で」
ヨコ・ヒナ「たまに・・この前やった時にひどいかったですよ」
光一「ホントに?」
ヨコ・ヒナ「はひへはひょ(はじめましょ)・・・みたいな。字にしたらミミズですよ」

ヨコ・ヒナ「さぁ~残り30分になりましたんで。」
光一「お~ホンマに?残念です」(本当にそう思っているのか?スタジオ爆笑)

パンちゃん話
「(パンちゃんの質問)そりゃ↑アゲ↑アゲだな」」
「SHOCK期間中も終わってからもアルバムの制作に忙しくて、可哀想だから、お留守番可哀想だから、母親にあずけてて、終わってからも急がして、でもつい最近帰ってきて、一昨日また連れられて行きました。定期的受ける健診に連れて行くって。」
「連れて行かれちゃったッ」(←言い方が寂しげで可愛い)

理想の女性像について
ヨコ・ヒナ「なにフェチですか?」
「ないしょ~」(←この言い方が面白い)「一人で勝手に楽しむ」「墓まで持っていく」

ヨコ・ヒナ「“大倉君へのあけおめメール”の話題で思い出した。お年玉。。」
光一「うっせ~うるさいなぁ~~・・次いこ~ぜ・テンション上がるどころが下がるわ

ピカイチの話題
光一「あんまり覚えてない」
ヨコ・ヒナ「光一くんなんとか言っても一回やりましょうよ」
光一「そらもぉ~逆やわ。そらもおYOUたちがその方がオレも気が楽(爆)なんか今みたいな感じで出来るやん」

曲紹介を
光一「イイよもう‥もうかけなくて。そんな申し訳ないよ」

BD

光一「ほんますんまへん」「いやぁすんまへん」「ごめん・ゴメン」
ヨコ・ヒナ「すんまへん押しだけ・・やめてくれます?」(笑)

ふぁ~眠気と闘いながら書き出してみました。。。コテ・・zzzzZZZZ
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
22:47  |  ラジオ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT