2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.06.19 (Tue)

【空飛ぶタイヤ】【ワンダー君は太陽】

【空飛ぶタイヤ】
「男女平等」って言いますが、時代遅れの私はそうは思っていません。
やっぱり、男性は強いし、沢山の敵と戦っている。女は足元にも及ばない。(女性にもよりますが)

大手企業という巨大な組織に立ち向かって戦う中小企業の運送会社社長赤松(長瀬)
大手企業の組織から抜け出すことはできない、沢田(ディーン)それも判る。
銀行の井崎(高橋一生)は飄々としていて、ぶれない、それもカッコいい。
が、私が一番カッコいいと思ったのは品質保証部の若手・杉本(中村蒼)。
若く、独身だからか、恐いものは何もなく、納得いかない不正を告発の重要なキーパーソン。転勤もさらっと受け入れる。

自社と同様の事故で、隠ぺいされた会社を尋ね歩く。しかし、ほとんどが‟今さら・・”と、無駄足に。そして、資金繰りに奔走する、若き二代目社長の赤松。長ちゃんは、熱き想いで突き進んでいるが、ぐったりとしたくたびれた感じがないのが、少々気になったかな。
奥様も深キョン‥と言う、TVドラマのアットホーム感。
ん~~可愛くて癒されるから良いのだろうが、キャスティング・・これでよかったのかちらん?なんて思ってしまった。

正直者がバカを見る世の中にしてはいけないと思います。
しかし、なかなか・・です。
でもラスト、正義が通った!胸が熱くなりました。

主題歌:サザンオールスターズの♪「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
これが凄く良い曲。

【ワンダー君は太陽】
パパ、ママ、姉・・と家族が最高に温かい。
特にママ(ジュリア・ロバーツ)が、心からオギーのこれから・・を考えている。
パパも楽しい人。そんな家族の愛に包まれて育ったオギーがママの決断により、5年生で学校に入学。
とても賢くて、ユーモアのある素敵な子。
オギーの周りの人々が変わり始める。
家族も一部の友だちも、学校の先生、校長先生がとても心優しい。
どこの学校でもこういう先生たちがいてくれれば、悲しいことが起らないと思う。
いじけずに明るいオギーに、むしろ励まされます。
心温まるストーリーです。

今日は貴重な梅雨の晴れ間に恵まれました。
ウォーキングの土手から、青空の中の雲が綿あめみたいでした。
今日は非常に暑くて、ウォーキングは疲れました。
DSC_1054.jpg

DSC_1055.jpg
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
18:43  |  映画  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |