2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.03.21 (Wed)

15字時7分、パリ行き&シェイプ・オブ・ウォーター

上映直後に見に行っていました。
ちょこっと感想を。
15時17分、パリ行き
テロリストに果敢に応戦して大きな被害を食い止めた、勇気ある若者たち。
実際に起きたパリ行きの列車内で起きたテロ事件に遭遇した本人たちが出演。
ただ、テロリストとの戦いのシーンは終盤の15分ほど。
物語は3人の若者たちの少年時代の回想シーンから始まる。
学校ではちょっとはみ出しっ子たち。青年になって、軍隊に入隊、大学に進学、IT関連の会社に就職と、其々。
そんな彼らが、ヨーロッパ旅行を計画。
友だち同士の楽しい旅の模様が延々と続く。
終盤で身の危険を顧みず、どうやら‟身体が勝手に動いた”と言う若者たち。
イーストイッド監督はそこが興味深いと、実際に彼らを起用。
乗客も、その時その場で被害にあった人たちを出来るだけ出演させたそうな。
表彰されたシーンも前のオランド首相のその映像が流れていました。

イーストウッド監督作品と言えば最近では【ハドソン川の奇跡】(トム・ハンクス主演)も実話に基づいた作品。
それも良かったが、私が感動した、お勧めのイーストウッド監督作品は何といっても、【グラントリノ】です。
私が勧めたので、兄貴は以前、レンタルDVDで観たらしく、凄く良かったって。ほんと、お勧めの作品です。

シェイプ・オブ・ウォーター ネタバレあります
舞台は1962年冷戦時代のアメリカ。
政府の極秘研究施設の清掃員・イライザは声を発せない。
イライザと研究の為?捕らえられた半魚人の彼とのロマンスファンタジー‥と言うところかな^^
美女と野獣とはちょっと違う。イライザは彼の元へ・・。
ハッピーエンドで、良かった(*´ω`*)

どちらの作品もまぁまぁ・・かな。でも、観て良かった‥って感想です^^
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
22:15  |  映画  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |