2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.05.21 (Sun)

【 LA LA LAND 】

遅ればせながら、やっと、いつも行く映画館で上映されました。
2月24日ロードショーだったのにね。諸事情あるのでしょうね。
早速、観てきました。


極上のミュージカル・エンターティメント・・と謳っている通り、とても素敵なミュージカルでした。

カフェでアルバイトをしながら女優への夢を模索し続けるミア。
ある日場末のバーでピアノを弾くセブに会い、夢を語り合う2人・・やがて、恋人に。

セブはミアとの生活の為、自分の店を持つ夢の為、やりたくないジャンルの音楽に身を投じる。そのバンドが超多忙。

ミアにやりたかった事って、それ?・・って責められるが。
2人の心が寄り添えなくなって、すれ違いに。

お互いの夢を叶える為に・・なにかが犠牲に。
それが、とても大切な人・愛が犠牲になるのは仕方のないことでしょうか・・。

しかし、もう、夢を諦めかけていたミア(エマ・ストーン)に、皮肉にもセブ(ライアン・ゴズリング)が背中を押したお陰でミアは夢が叶い有名な女優に。そして、結婚、可愛い娘も産まれて幸せの絶頂。

しかし、ミアが夫と立ち寄った店・・名前が“セブ’s ”
セブがやりたいジャスを思う存分弾いて、お客さんを楽しませるお店。
セブも夢を叶えた。

でも、なんでハッピーエンドにしてくれなかったんだーーーッ!

セブが弾くピアノがあまりに切なくて、セブの悲しげな表情も・・泣いてしまいました。
空想の世界・・・セブとミアが結婚して、赤ちゃんを授かって、可愛い男の子が産まれて・・そんな夢の世界が本当であったらいいのに・・って、心底思っちゃいました。

でも、ミア夫婦がお店を出る時、出口で、ミアが立ち止まって、振り向くの。そして、セブと眼が合って、数秒、セブがミアに微笑むの。“成功したな、頑張れよ”って言っているみたいに。ここでも涙がボロボロ流れてしまった。
ミアも、微笑み返し。でも、ハッピーエンドが良かったよ!!
ミア役のエマ・ストーンも良かったけれど、セブ役のライアン・ゴズリングの演技が秀逸。
2人とも主演男優賞と主演女優賞を受賞。それも納得。

でも、まさか、最後があんなに切ないとは・・まさか【ラ・ラ・ランド】であんなに泣くとは。。

因みに「LA LA LAND」とはロス、主にハリウッド地域の愛称。
「陶酔し、ハイになる状態」 「夢の国」ってことですって。

もひとつ・・因みに、光ちゃんもこういうミュージカル・エンターティメントを演じてくれてもいいなぁ。
あ、そしたら、看板名「Endless SHOCK」にはならないか・・。
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
19:17  |  映画  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |