• カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

2017/04/17(Mon)

ブンブブーン[102]

4月2日エレファントカシマシ宮本浩次さん
この日も寒かったらしく、ボヤきが入っています。
今年の春の陽気はロケ日に限らず、おかしいよね~。朝・晩は寒いくらいで、日中はちょっと汗ばむ温かさにいなったりね。
さて、宮本さん登場!!

「和服で抹茶の世界を体験したい!」
宮本さんって、ホント面白い人ですねぇ~
にしても、宮本さん、足ほっそ~~

あら、光ちゃんちのかあちゃん、見たかったわ

先ずは茶道に相応しい、和服を選ぶ
《呉服・和装ギャラリー》(銀座8丁目)
準備万端!宮本さんがロケ前に既に和服を選んでいたって‥ハハハ やる気満々
宮本さん、髪ぼさぼさでも、「歴史上の人物みたい」って、師範に褒められた^^
相変わらず、前のめりでリアクションバッチリのトーク(笑)

茶道教室に行く前に、宮本さんの提案で茶器を選びに行くことに。
茶道具専門店へ

《清昌堂 やました東京店》(新宿区市谷甲良町)に立ち寄る。
茶器の棗を見ながら、なかなか渋い趣味のつよちゃんのうんちくが・・。
お茶碗ひとつにしても、拘りの物を使っているらしい。
相反して、光ちゃんは黒いプラスチックの丼で食事するらしい。
一呼吸おいて、宮本さん、「プラスチックの丼って言うのあるの?」って、喰い付いた(笑)

茶道の心得
お茶碗には正面がある。「亭主はお客さんにお茶碗の正面を向けて渡す。」
目利きクイズ。
3万と300万て(^_^;)
私も300マンの方が形が凝っていて素敵。お値段関係なくても、そっちがいいなぁ。

茶道を指導してくれるのは
《裏千家教授:北見宗幸さん》
最近では外国の人も日本の文化に親しみたいと、茶道を体験される人が多いです。
留学生にも茶道を体験させるってイベントもありますもんね。
立礼式って、正座しにくい方(膝が痛くて・・とか)や外国の方の為のスタイルかと思っていたら、明治時代こ考案されたって、そもそも歴史があるのね。
つよちゃんが茶道の心得を指導してもらおう・・と、話しているのに、光ちゃんは「ここで布団敷いて寝たい」とww
日本人だねぇ~畳はいいよねぇ~~。
・・・って、2人で話している最中、宮本さんは我関せず、なにを考えていたのでしょうか?ww

作法 其ノ一「真のお辞儀」(お辞儀には3種類のお辞儀があるそうな。)
一番深い、真のお辞儀。つよちゃんと光ちゃんがピッタリ合っていた。流石です。

作法 其ノ二「お茶の飲み方」
お茶碗に感謝して、お茶碗は2回で180度回す。
宮本さん、まごついちゃうww
飲み終えたら、茶碗を拝見する。

作法 其ノ三「お茶の点て方」
茶杓で抹茶をすくい、茶碗に入れる。すくい過ぎても、棗に戻してはいけない。
抹茶を茶碗に入れただけで、宮本さん、ため息ww
つよちゃん、茶筅が作られている奈良の高山のこと、良く知っています。
つよちゃんの髭がとても渋くて雰囲気に合っていた・・私、初めて、髭を褒めたww
お点前って、難しいねぇ。

いよいよ、宮本さん、念願のお茶会初体験^^
お茶を点てる亭主役に挑戦
「ちょっと濃いかなぁ~」と心配。
あんなに入れたら、そら濃いね^^
でも教授に「ほんとは“濃いな~濃いな~”は言っちゃいけないんですけど」って言われたけれど、他は姿勢もいいし、褒められたね。
宮本さん・・・結構なお手前でm(__)m

茶道って、礼儀作法を覚えるのに、とてもイイですね。お疲れさまでした。

エンディングのBGMは♪BRAND NEW SONG でした^^
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
Home | Category : ブンブブーン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top