• カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

2016/02/22(Mon)

終の棲家。。

長姉が入所しているグループホームに先日行って来ました。2ヶ月に一回くらいは逢いに行っているのですが。。
1人息子がいるのですが、こいつが薄情者で、何の音沙汰もなく、母親の為に何一つせず。
すぐ上の姉が後見人みたいになってホームとのやりとりをしています。
“息子がいるのに、なんで私が・・”って、ボヤいています。
そもそも、長姉が何故グループホームに入ることになったのかと言うと、1人暮らしをしていた頃、近所のちょいワルどころが、極ワルおばばたちに長姉が物忘れが酷くなったのをいいことに、カラオケや食事に誘い、「この前私たちが払ったから今日は○○さん(←長姉の名前)払って~」ばりに毎回支払わせていたようで、結構、ガッチリ貯金していたのがかなり減ってきて、すぐ上の姉がちょいちょい訪ねていって様子を見ていたので、その実情が発覚したわけです。
そして、ヘルパーさんからガスをつけっぱなしで出掛けていたことがあったと、知らされ、これはこのまま1人で置いておけない‥ってことで、ホームを探して、入所することに。
秋の入所だったので、夏に私とすぐ上の姉と兄と3人で大変な大片付け。
モノが有りすぎ。同じものを買い込んで、流しの下には賞味期限切れの胡麻油がどっさり。
冷蔵庫にはトマトが沢山。いつ買ったのか判らないくらい。
本人がいる時に片付けると怒りだすので、ディケアに行っている間に何日か通って、アパートを綺麗に片づけたものです。
ただ、その年の夏は異常に暑かった・・。

あ、余談ですが、私は8人兄弟の末っ子でして、実母がガンで他界する前に、物心ついていない2歳満たない私を子どもがいなかった東京に住む叔母夫婦の養女に・・って、遺言みたいなものかな。
なので、ひとりっことして育ったので、姉や兄たちのことは従姉だと思っていました。まぁ成人ちょい前に事実を知った訳ですが、さほど驚きもせず、何気にそんな予感もしていたので。
逆に育ててくれた両親に親孝行しなくては・・って思ったなぁ。
山形には生家・実の両親のお墓があります。
我が家のお隣、市川市には私の両親のお墓があります。
一つのお墓に旦那の両親と一緒に4人で眠っています。

話が逸れましたが、そんな長姉の入所しているホームは日当たりも良く、スタッフの方たちも優しくてなかなか良い処です。
でも・・ね。
長姉にとっては、終の棲家になるわけで・・・玄関はロックされているわけで、でも、それは仕方のないことで。
年をとるって、どうにもやるせないなぁ・・って、思います。
ボケは必ずくるでしょ?

因みに、今日スポーツクラブに行って、最初に習う、健美操(←中国の気功を取り入れた体操)の先生が終了前の一言で、「頭を使うことも大切、手先を使うこともボケ防止と言われていますが、ボケないためにもとにかく身体を動かしましょう」って言っていたけど。
あ、その後に太極拳を習っているのだけれど、これ、侮れない、身体もそうだけれど、頭も使う。。10年もやっている人たちもいる。
私も頑張る。

母も晩年、たかだか2年間だったけれど、認知症になっちゃったし。あんなに綺麗好きで、おだやかな母が・・それこそ切なかったけれど、母は住み慣れた家で、近くに住んでいる私が毎日通って、ヘルパーさんと二人三脚で寄り添っていたから、まだ幸せだったのかなぁ・・十分に寄り添えなかった・・って反省は今でもしているけれど。もっとたくさんそばにいてあげればよかった・・って。

すぐ上の姉とも話すの“ピンころ”(ぴんぴんころり)がいい。。って。ま、そううまくは行かないけど。
なかなか生きて行くってぇのは大変です。

あ・・立ち寄ってくださった方たち、なんだか、重たい話をつらつらと書いてしまってごめんなさい
新聞に昨日まで3日間くらい、認知症の特集があって、読んでいたら、いろいろと考えさせられて。。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top