2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.03.07 (Sat)

HONDAmagazine

2014Winter版
以前、旦那様がHONDAの車に乗っている友だちから写メもらったのですが、
今日、亀ちゃんファンの同僚から(彼女の家もHONDA・・らしい)「いつも渡そう渡そうって思っていて忘れちゃってぇ~~」って、いただいた、【HONDAmagazine】
がっつり、写メって、対談記事も読んだ
DSC_0093_201503072231035f5.jpg

対談はHonda F1プロジェクト総責任者新井康久さん。
ここで、対談内容を抜粋
光ちゃん『ファンとしては、マクラーレンホンダが1988年に16戦15勝した印象が凄く強くて、来年からマクラーレンと組むHondaへの期待が大きくなるんです。』『新井さんが開発のリーダーとして大切にしていることは?』
新井さん「スピリッツ。チャレンジする気持ち。と同時に、F1はプロフェショナルの世界ですから、淡々として見えるくらいの冷静さも必要だと思います。」
光ちゃん『僕もあの冷静な雰囲気が好きです。一人ひとりがそれぞれの持ち場で仕事をこなし、時間が来るとすっとスタートする。そこに一流のプロの凄みを感じます。僕もステージでは、淡々といつものように幕が開くのが好きなので。』
新井さん「何か通じるものがあるかもしれませんね。」
光ちゃん『舞台はステージでは、先頭の人間が焦るとダメで、どーんと構えていないといけない。それが、新井さんの言う冷静さでしょうか。それと、多くのスタッフに任せて信頼していくことが大切』
確かに共通するものがあるね。
最後の方のインタで新井さんが「ホンダは負けず嫌い。“負けるもんか”の精神があるので、頂点で競い合いたいという気持ちが大きい。その頂点という夢に向かうために、挑戦し続けているのではないでしょうか」
すると光ちゃんが『企業の宣伝としてではなく、夢に向かうためにレースに挑戦するホンダって、やっぱりファンからするとかっこいい!』と。
進化し続ける舞台を15年もステージのセンターに立って、演じている光ちゃんも、ファンからすると・・イエ、そんなにファンではなくても‥友だちや同僚、舞台をみた周りの人間も思っているよ。“堂本光一って、カッコいい”ってね

DSC_0088_20150307223136596.jpg

DSC_0089_201503072233391a8.jpg

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
22:34  |  光ちゃん  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |