• カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

2015/01/18(Sun)

人生いろいろあるよね~~

昨日は午後にグループホームに入所している長姉に会いに、すぐ上の姉と行って来ました。

介護・・って・・ってこと等々。私事なので、隠します
しかし、スマホは隠れないww


いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。






ホームは、最寄駅から30分歩くの。いいウォーキング距離です。
本人、ホームで、一番元気だそうで、食事作りのお手伝いも積極的にしているようで。

なぜ、そんな元気な長姉がグループホームに入所することになったのかと言うと、

もともと料理が得意だったのですが、1人になると、面倒になって、すっかり
作らなくなって、得意の手編みもすっかりやらなくなって、物忘れが酷くなって、
近所の不良ばあさんたちのお仲間入りしちゃって、カラオケ行ったり、
飲みやさんに誘われて、本人も楽しいものだから行くのね。
問題はそこ。。いつも支払いしていたそうです。
「この前私たちが(お金)出したから、今日は○○さん頼むね~」
とか言われちゃって、本人、物忘れが酷くなっているものだからね、
「あら、そうなの・・じゃぁ」って、支払いしていたそうな。
趣味が貯金だったのに、通帳を管理しているすぐ上の姉が残高確認をしてみると、
目まぐるしく、貯金が減っているそうな。
それに加え、ガスの消し忘れが目立つようになり、これは人さまにも迷惑かけてしまうと。

長姉に1人息子がいるのですが、それがなんとも薄情な人間でね。
寄りつきもせず、ホームにも面会に行かず。
電話するも、出ず。←そんな息子に育てたのは紛れもなく長姉なわけで、
情けなくもなりますな~。ま、うちも息子たちだから、あてにはしてないけれど。

私は叔母夫婦の養女となり、1人っ子として育ったので、
姉や兄たちは(←合計7人いるの)従姉ってことだったわけで。
たまに会ってはいても、さほど一緒に出掛けたりしていなかったのですが、
すぐ上の姉が後見人としてなんやかんやと、面倒な手続きやらなんやら
やっているので、私も手伝っています。
グループホームに入所したからと言って、肩の荷が下りた・・ってことではなく、
なんだかんだと、報告やら手続きやら・・あるので、ボヤいていますね。
本来なら、息子がやらなくちゃならないのに!って。確かにね。

入所前の一時期、イライラが募って文句ばかり言っていたので、たしなめたら、
「じゃぁ○○子(←私の名前ね^^)がやってよ!介護したことない人には判らないでしょ?」
って、ブチ切れていました。私が母を介護してきたの知っているのにね。
彼女も精神的にまいっていたのでしょうね。
そこで、私は「お言葉ですが、私は母を看てきたよ。姉妹の手助けも借りずに、
でも私は姉の手助けはするけれど、後見人にはならない」とハッキリ断りました。

私は母が認知症になった時に母からしたら姪っ子・甥っ子である姉や兄たちに“助けて”のサインを決してださなかったし、私は1人娘なんだからね、私がみなくちゃ・・って気持ちだったから。
むしろ、他人であるヘルパーさんの手助けを借りて、二人三脚で介護してきましたね。

姪っ子たちが上京した時には東京にいた母がずいぶん面倒みたのに・・とも思いましたがね。
言葉に出していまうとね、言われた人が傷つくから言わなかったが。

「認知症っては聞いていたけど、おばちゃん‥そんなに酷かったの?」って、姉は今更ながら
気づいたようでした。「言ってくれればよかったのに」とも。

人間、窮地に追い込まれた時に、いろいろなことに気付くものですね。
結局、私も今だから言うけれど・・って流れになるわけです。

とにかく、長姉のことがあってから、東京近郊にいる姉や兄と出掛ける機会が増えたりするのは良かったのかなって思える最近です。

あ‥昨日は午前中、一般受付の電話に間に合うようにリハビリに行って、帰宅して電話かけまくりからの、ホーム面会・・スマホのウォーキングアプリをみたら歩数11238歩でした。
家では測っていないので、それも含めるとかなり歩数UPのはず^^
理想は1万歩らしいが、なかなか1万歩は行かないなぁ~
だらだらと休みに任せて書き込みました。読んでくださった方‥お疲れ様でした
あ・・休みじゃなかった。今日は夜勤務でした

タカミーとのブンブブーン楽しみですね^^
あ・・来週は女子マラソンで、ブンブブーンはお休みだね。
Home | Category : つぶやき |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top