2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.16 (Fri)

歌舞伎座☆追記あり☆

歌舞伎観劇に行って来ました。昨日のこと。。って、一日経っちゃって、日記にならないけれど、この夏はちょいちょい睡魔に負けて、PCに向かうことなく就寝。なので、今日UPしました


DSC_0894.jpg
DSC_0887.jpg

DSC_0910.jpg
歌舞伎茶屋にて遅い昼食をば。友だちは“しらすみぞれ蕎麦”
DSC_0879.jpg

私は“鴨南蛮そば”鴨肉は勿論、お蕎麦もお汁も、とても美味しかったです。
DSC_0880_2013081622354227b.jpg

別腹のデザート。しらたまぜんざい”の小豆の美味しいこと
DSC_0881.jpg


庭園に上がって、屋根瓦の先端の“鳳凰”の向きが一つだけ違う。。って、この眼で確認!

さて、開演
そして、幕間にお弁当を食す。
幕の内弁当とても上品なお味で大変美味しかったです。
DSC_0909.jpg

勘九郎・七之助兄弟が出ていました。
七之助の女形はなかなかでした。

内容が判らないといけないので、イヤホンガイドを借りたのですが、それがなくても大丈夫な、判りやすいな内容でした。笑わせてもらった。とても楽しかった。


☆追記☆

8月15日(木)第三部(午後6時20分開演)
江戸みやげ
 
1、狐狸狐狸ばなし 十一場
 (こりこりばなし)
元・歌舞伎女方だった、手拭い染めもの屋・伊之助(中村扇雀)は、女郎上がりの女房・おきわ(中村七之助)・使用人又市(中村勘九郎)との3人暮らし。
あばずれで家事を一切やらないおきわは、ねちっこい伊之助に嫌気がさしており、なまぐさ坊主の重善(中村橋之助)に首ったけ。なんとしても伊之助と別れて、重善と一緒になりたいおきわは・・・。
伊之助側の又市が一枚も二枚もかんでの、おきわと伊之助の騙し合い。
怪談っぽい喜劇。なかなか見応えあり。な~るほどぉ~~‥って、感じでとにかく面白い。

2、棒しばり 長唄囃子連中
太郎冠者(中村勘九郎)と次郎冠者(坂東三津五郎)は無類の酒好き。ある日、主人の曽根松兵衛(坂東彌十郎)は外出中に酒を盗み飲みされないよう、騙し騙し、太郎冠者はうしろ手に、次郎かじゃは両手を棒に縛ってしまい、外出。両手の自由を奪われた2人ですが、苦心しながらも・・・。
ほろ酔いで舞踊にも注目。
松羽目物(まつばめもの⇒歌舞伎・日本舞踊において能・狂言の曲目を原作とし、 それらに近い様式で上演する所作事のことをいう。)の人気舞踊だそうです。

三津五郎さんと勘九郎さんは、踊りがとても上手な役者さんとのこと。とても楽しい出し物でした。

余談ですが、この「棒しばり」を玉ちゃんが「ぴんとこな」で披露。
曲芸的なシーンも成功させて観客役のみなさんも大拍手で称えたそうな。
でもその、感動的なシーンはドラマではカット‥友だちはあんなにカッコよく決まったのに・・ってドラマではシーン的になんだか、あっさりと少しだけOAされたそうで、ま・・ね、そんなもんだね~と、友だちも不満の納得(笑)

うん、総括的に言えることは歌舞伎・・って面白い(*^^)
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
22:52  |  つぶやき  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |