• カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

2013/07/03(Wed)

PLAYZONE2013~SONG&DANC'N ~

DSC_0791.jpg

DSC_0798.jpg
一度は少年隊のプレゾンを観劇したい・・と思った時は既に遅し。。チケットが取れず、諦め。
翌年だったかな?友だちが、もう少年隊は出ないけれど、Jrが出るからチケット申し込もうんだけれど行く?って声かけあり、では、少年隊が築いて来たものを若手がどう引き継いでいるのかな・・って思い、観劇しました。正直言って、ん~~これは・・一度見れば良いかな・・って感想でしたが、あれから数年。

歌とダンスのみの楽しい構成になった・・と友だちから聞いて、ふぉ~ゆ~も出るし、同行。
いつでもイイよ‥と言っていたのだが、友だちは毎年初日を申し込むので、本日、初日の観劇になりました。

17時30分開演 20時終演。間休憩が20分なので、正味2時間10分くらいかな。
選曲もよくて、ダンスのクオリティも高く、とても楽しい時間を過ごしてきました。

開演近くなると関係者が出入りする部屋のドア付近に動きが。。
私たちの席は下手サブセン。O列。扉付近が良く見えるので、どなたかが、くればすぐ判る。
友だちが「あ・・あ・・来た!トラヴィスだ‥あ‥光ちゃんいるよ~~~、あ、タッキーも」とかなんとか周りもぎゃ~~・・って大騒ぎ。今まで光ちゃんに遭遇したことない私はびつくり!
トラヴィス氏とスティシーの間にちょこんと、挟まれた光ちゃん、カワユス。キャップを目深に被っているのでお顔はちょこっとしか見えない。でも席に座ったらキャップはハズシタ。赤坂さんもいた。
かっちゃんもいるよ・・って友だちに言ったら、「え?来てないよ」って、あなた「先頭あるいていたでしょ~」って言ったら、「えぇ~あらほんとだ、いた」って、シツレイな。。w

仮面舞踏会やまいったね、今夜 が歌われた時、ノリノリだったのかな。

最後、翼がトラヴィス氏とスティシーをステージに呼んで紹介。(挨拶の言葉はウル覚えなのでちょっと曖昧ですが)
トラヴィス氏がこうして今年もここにきて、(振り付け)出来ることが嬉しい。ダンスのレベルが凄い・・みんなを愛してる・・って、みたいなことをお話しながら、眼がウルウルしていたのか、スティシーがトラヴィス氏からマイクを奪って(笑)“(彼の)涙の訳を話す”って。こうして毎年来て、仕事が出来て素晴らしいステージを見せてもらって、とても幸せに思っているのだと。そして、またトラヴィス氏がマイクを持って、来年はウエクサと仕事がしたい・・って感じのことを言っていた。なぜなら、トラヴィス氏がの隣でノリノリだったのかな?少年隊の歌を後輩が歌って踊ってくれれば自然と体も動くだろうし、心躍るのでしょうから、終始ご機嫌だったのかな?そんな様子を隣で感じたトラヴィス氏だからこその言葉だったのかもしれないね。
ステージから座席に戻ったトラヴィスと、光ちゃん、何か話していた。光ちゃん、英語わかるん?かっこいい~。

たまぁ~~に光ちゃんの方を見ると、光ちゃんは静かに見ていたようです。シャイだからね。はしゃがないのだよね。マツ・福たちにちょっかいだされていたけどね。そんな時はちょこっとだけれど、横顔をかいま見られた。笑っていたよ。当たり前だね。

ふぉ~ゆ~登場。あれ?・・って、マツがいない。すると2階からかっちゃん!光ちゃん!と、声かけ。流石に光ちゃんも上見て、笑っていた。かっちゃんは元気にマツに返事していたような。
こうなったら、(マツの代わりに)光一くんに出てもらいましょう。会場「キャ~~~」「それを言うならタッキーでしょ」「きゃぁ~~」結局、マツでなくてもいいのかね(笑)

最後の曲、Guys PLAYZONE の時はトラヴィスたちもスタンディング。手振りやっていた。
フラワーの時も煽られて、光ちゃんも手振りやっていたような。

そう言えば勝利くんたち(後2人いた)も来ていました。鉢合わせしそうになった友だち。「カワイイ顔してる」って、感動していた。彼らは2階席かな。


退場の際、光ちゃん、後ろのトラヴィスや、かっちゃんとなんか話していたのか、ほくそ笑んだ微笑でした。カワユス。
今日はみんなで食事に行ったのでしょうね。光ちゃん、楽しそうでよかった。

ステージは本当に楽しかったです

ふぉ~ゆ~たち
DSC_0789.jpg

山本くん
DSC_0799.jpg

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。


Home | Category : 他コンサート |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top