2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.14 (Thu)

13日公演☆プチレポ^^

「どうも記憶が曖昧でな・・・」一夜明けて、情けないけれど、記憶が吹っ飛んじゃっています。
曖昧ながらも、覚えていることをちょっと、レポしてみます。
“そうじゃないだろ”な部分があったら、ゴメンナサイ

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

【More・・・】


【1幕】
昨日のお席は2階前方列センター席。座った途端、同行の友だちと“おぉ~~近い近い”と大興奮。
降り立つ座長を、ほぼ目の前で拝める~~(笑)

レポと言ってもいつもの通り、安定の進行。

双眼鏡使わずに最後まで・・と、思ったのだが、やはり、座長のお顔をしっかりと、見たくて、やはりちょいちょい使っちゃった。だって、可愛いのだよ

オープニング、髪の毛・前髪は確かに短くなってはいたが、眼は見えていたが、あれじゃぁすぐ伸びちゃうよ~って思った。ニコニコと元気な座長、瞬時に癒されます

カーマジックの時、車に飛び乗る座長が、軽やかでカッコ良かったのと、助手席にいる間、ずっと、笑顔だったこと。

ブロードウェイのPとビバ☆オーナーとの挨拶、カッチャンオーナーの時にはなかった会話が、今回は名刺の肩書を読むのから始まり、会話も“ショーを楽しんでいただけましたか?”とか“パーティーにいらして”とか、流暢な英語で。新鮮。

屋上シーンでは、今頃ですが、後ろの壁にはコウイチたちの影が映っているのね、最初誰か控えているの?なんて、思ってしまった。影が映っているの初めて気付いた。(ダメダナァ~)
すっかり馴染んだサントス☆リカの歌声。とても上手で、イイ感じ。

パーティーに急ぐマツたち。ショーに突き進んで行く彼らも、素顔は無邪気な若者たち・・って感じで“肉がなくなっちゃう~”なんて、大騒ぎで走り抜けていく。ドタバタと、賑やかで楽しくてイイね。このシーン結構好き。

ビバ☆オーナーに「そんな・・あなたが・・す・て・き」って、手を添えられるシーンでは近くの席の人が“あらぁ~”って大ウケしていました。

公園ではマツへのエナジ~~~キ~~ックが、見事に決まり、マツは一回転。あれ、痛くないの?マツ。
でも、足・・治ったんだね・・って安心もしちゃった。

ウエストサイドの時はサントス☆リカは「コウイチ~(頑張れ・・って言っているのかな?)」って、応援してるのね、元気でよいわ。あれ、歴代リカもあんな風に声援していたっけかね~??
ヤラが告白しているシーンでは後ろでタツミたちと楽しそうにニコニコと踊っている光ちゃんが可愛いなぁ。

徐々に、ヤラとコウイチとの歯車が狂ってくる。

アメリカ~でも、ニコニコと楽しそうな座長でした。

ジャングルではフライングで迫ってくる座長に友だちは「おぉ~~」と驚きと喜びの声をあげておりました。2階前方だからね、こっちに飛んでくる感覚なんだね。

ダンス!なかなか楽しいダンスステップ。若い(ヤラもね)3人の全力で踊るダンス&歌が素晴らしく魅せる!

ソリタリ・・やっぱり好きだわ~ 今回はフォーメーションをガッツリ拝見。
座長のお顔もガン見したかったけれど、あれもこれも欲張ってはどちらも中途半端だから、潔く、全体を。
改めて、素晴らしいね。って、ボキャブラリーが少なくて、圧巻!としか言いようがない

掃除のおばちゃんとのコント(笑)は江東区⇒後頭部⇒から~の、「おばちゃん吉田沙保里に似てるね」「吉永小百合?よく言われるよ」「ハイハイきれい」みたいなコントでした。よしださおり⇒よしながさゆり おばちゃん、やるね~

殺陣のシーンでの太鼓も圧巻だね。上手に続き、下手にも。日野さんの太鼓も迫力ハンパない。

階段落ち後のうめき声・・リアルだよね。こっちのも、うめきます(泣)

【2幕】
あら?休憩の間に髪の毛伸びた?って感じる左目ちょっと隠れ気味。

亡霊。上手から聞こえて、次下手側からの声・・その後、後半の声が割れていた。

目を見開いて棺桶の上に横たわり、暫くして瞳を閉じるところまで双眼鏡ガン見しちゃいました。

気付かなかったのだ・・私。
ステージ全体を見ようと、下手(ビバ☆オーナー)と上手(ユウタ・ヤラがはける)を見ていたら、なんですか?コウイチが看護士とサントス☆リカの間を通る時、コケたの?むむぅ~~見たかった・・ってか、もし見ていたら、クスッって、しちゃったかもしれない・・ゴメンナサイ

それでかぁ?帰って来たコウイチは足がヘロヘロする・・とかいいながら両足をフニャフニャとさせながら出てきたの。その様子が凄く面白かったので、“お新ネタ?”って、一瞬喜んだんだが、やはり、年齢ネタでした。フクダに「そういうコウイチも~~」って流れで、客席から拍手。それに応えるかのようにフクちゃんが手をあげてアピール。またまた拍手。はん・・でも私は拍手しないよ

ハイヤー踊るコウイチもメチャクチャ、いい顔して踊っている。笑顔・笑顔。
勿論、小鹿も笑顔。最後、みんなに合図してステージ前方に出てくるでしょ?あそこも最高にカッコいい。
思わず「ブラホー!!」って、言いたくなるね。

リョウタのバク宙は3回。コウイチがのせるが、流石に3回目は低く回っているので、危なげ。光ちゃんもそれ以上は言わなかった。ハイヤー躍った後にバク宙はキツイでしょ。でも1~2回は高く回っていたね。

ここで、マツは再び‥今度はヤラに殴られる。あの音、驚くよね。ヤラ・・やつ当たりし過ぎでないのぉ?
マツを殴ってその上、ジャケットを投げつける・・ん~~ ヤラの複雑な思いが混ざってのマツへの風当たりになってるのか。それだけ、葛藤があったって解釈すればよいのかな。

リカが好きなのは男としてのコウイチと言うよりも、舞台に突き進むパフォーマーとしてのコウイチなのだ。
パンフにサントス☆リカの、今年のリカの心情を語っているが、そういう気持ちの“好き”なのだね。
だから、「いつまでも自分の心にうそついてんじゃねぇよ」・・と言われても。
正直にリカはステージに突き進むコウイチが大好きなのだ。
でも、これからはコウイチの後ろを追いかけることは出来ない。自分たちが前を向いて歩いて行かなくてはならない。そう自覚する。そして、みんなにも判って欲しい…と、気持ちをぶつける。
今年は新鮮な感覚で観られている気がする。

もっとも、ストーリーへの解釈は観る人、其々の感性で・・と、座長はいつも言っているから、感じることは様々だろうけれど。

ラダー・・いよいよです。2階バルコニーに、天使が降り立ちます。
真正面だよぉ~~。

歯を食いしばるように力を込めて体に弾みをつける座長。
その後、キターーーーーーッ!ポールを掴み降り立ちました。
ん?一瞬、“いつもポール掴んでいたっけ?”とも、思いましたが、あまりの美しさに、隣の友だちは「はぁ~~」と。私は思わず、人間?って思っちゃいました。でも、額に汗が光っていたので、“人間だ”って思いました 美しい・こんな綺麗な人いるか?・・っていうくらい綺麗・顔ちっちゃ!

夜海での蹴りがなかったような・・れれ?ターンだけだな・・ターン綺麗だからそれでもいいけど。。って思っていたら、なんだか、降り立つ時にポールを掴んだのと、蹴りがなかったのが、大事をとって、ってことだったのでしょう。

コウイチを大桜の下に運んで寝かせた後、自分の手をジッと見つめるタツミ。切なくもコウイチの感触を忘れまいとしているのか、もう、コウイチはこの手で触れることのできない所に行ってしまった・・って思っているのか。

カテコでのご挨拶の内容はオーナー・美波里さんとライバル・屋良への敬意。ヤラっちには大きくなって戻って来てくれた・・って。そして、「今日は内が来てるけれど、放っておきましょ」って。笑って言った。内くん前方センターに座っていたのかな。2階席からは見えなかったが。

やり遂げた感のコウイチたち。相変わらずのビバ☆オーナーと笑顔で言葉を交わし、ヤラっちとも同じように笑顔で顔を見合わせていた。お疲れ様。

今日もいいショーだったよ、コウイチ・・カンパニーのみんな。

一緒に観劇した友だちは仕事でチーフとして働いており、上からと下からの板挟みと言う、中間的な位置にいる人。彼女が言っていました。「目の前で綺麗な光一くん見られたし、チケット代以上の素晴らしいショーを見せてもらって、明日からまた頑張れる。ありがとう」と、喜んでいました。
また一人・・元気を貰った人がいる。
SHOCKカンパニーにはそんな力が溢れている。ありがとう
16:58  |  【SHOCK】  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |