シンプルおばさんの呟き日記

映画・KinKi &光ちゃん・三毛猫にこのことなどをつらつらと呟いておりますカヨンです。

1日昼公演1幕☆感想レポ^^

前々日のアクシデント・・間の辺りに観ていたお友だちからのメールで、心穏やかでなく、“あ~~とうとうやっちゃったかぁ~”って。。でもカテコでお話してくれた座長の言葉を信じて、やみくもに過剰な心配せず、楽しまなければ・・それが座長への、SHOCKカンパニーへの敬意だ・・と思いながらも、やはり、幕が上がるまでは心中・・な、訳で。。イカンイカン。

でもね、菱形の中心にいるポージング座長は、それはそれは、いつもの凛としたシルエット。そして、ライトに照らし出された美しく凛々しい座長は・・言わずもがな。。
そして、ほどなく、後ろから上がってくるカンパニーの面々・・満面の笑みで迎えてくれました。なんでしょ、これが仲間なんだな・・明るく力強く華やかなステージが、いつにも増して、胸が熱くなるほどの高揚感を覚えました。自然に目頭が熱くなった。座長の想いがカンパニー全員のに根付いているんだなぁ。
それこそ、 ビバ~Endless SHO~~~~CKです

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。 昨日の観劇のお席は I 列センター。出来るだけ、双眼鏡ナシで、肉眼(っても私はメガネですが)で、頑張りました。ド・ド・近眼の私にとっては、メガネかけていても、表情とかはしっかりと見えないので、時折双眼鏡にお世話になりました。双眼鏡つかうシーンが隣の友だちと同時…ってのも後で笑いの種に


光ちゃん、全体を観る・・ってこういうことなんだね・・って思うくらい楽しかったのは、千秋楽後の劇場バックステージ。カンパニーのみんなが其々に楽しいお芝居をしてくれているのだ。みんながみんな無事に千秋楽を終えた解放感、と達成感。ふざけたり、お疲れ・・って、お互いをたたえ合ったり。ヤラに至っては、台の上に乗っておふざけ?イエイエ、告白のウォーミングアップ?(笑)本当に楽しいのでね、思わず笑いっぱなしでした。双眼鏡で光ちゃんをガン見している時とは大違い
流石座長だ、常日頃全体を観て。ってメッセージを送ってくれている意味。ふっ・・今頃わかったなんてな(-_-;)

「リカとはどういう??」って詰め寄るビバ☆オーナーは“ヤラトモユキ”って、フルネイムで呼んでたね。

カワイイ・・言われたユウタは「ヤラく~ん」ってはけるんだっけね。「きゃ~」って聴こえたおばちゃんは、なんざんしょ

怒り収まらないビバ☆オーナーに、「僕たちが・・」って、指輪を買ってくる約束をするタツミはビバ☆オーナーの手をとって・・あらま、ドキッ!ですな。

屋上での光ちゃんの歌声も、サントス☆リカの歌声もステキです。サントスはさやリカと違って、声が太め?でもみ~~つめてる~~の出だしはとてもほんわかと胸に入ってくる。頑張ってるね。
ヤラ・タツミ・フクダたちとのハーモニーもとても素敵です。みんなで歌いたい。大正解!
フクダが公園で何時に待ち合わせるか今、決めたい・・と、悩む素振り。結局、朝・・に落ち着いたのね。ふくちゃん、こうちゃん、ふくちゃん~~「なんじゃそれ」・・まで続く(笑)

公園でのシーンもこれも全体を観たかったが、どうやら、双眼鏡覗いたり、外したり、忙しかった・・だから、中途半端な見方しかできなかった感アリ。(今度の観劇は2階センターなので、その回は全体を観よう)
その歌イイね!も斬新だったが、ウエストサイド~ばりのダンス喧嘩?を、サントス☆リカは「なにそれ~?」ってセリフ言いながら、コウイチを応援しながら、楽しんで、はしゃいでいる。それもカワイイし、観ていても楽しい。・・って、今までのリカもそうだったのか??どんだけ全体を観ていなかったのか。。反省。

あ・・マツへのエナジーキックはナシ!。マツはいつでもどうぞ・・状態で、両手を広げて受け入れ態勢万全だったのだが、スルーされて、ショボン。
「いこうぜぇ~~」の時はコウイチにめんどくさそうに「がんばれ」ってサラリと言われていた(笑)ここでもマツはショボン

Dance!若手、なかなか圧巻。一度終わりか‥と思わせて、再びステージ前方に出てきて、フィニッシュ!もなかなかの演出。楽しい。

そして、妖艶にも男っぽく、そして軽やかに踊るSOLITARY で、座長に魅了され、ステージいっぱいいっぱいに繰り広げられるフォーメーションに感動。SOLITARYは感動のるつぼ改めて・・凄いステージだ‥と思い知る。ほんっと、みんなセクチーです

気持ちが入り過ぎちゃったソリタリコウイチは掃除のおばちゃんとミニコント。江東区。後頭部⇒大丈夫!と、なかなかの間の取り方?ってか、ツッコミ?さっちゃん、腕あげたね。・・って、ここで褒めるか?(笑)

タツミが言う「最後暗すぎないか?」「その代わりジャパネスクがハッピーエンドだからいいんだよ」とコウイチ
そうかぁ、若き武将は姫を助けて幸せにくらしたとさ・・って終わりのはずだったのだね。

ビバ☆オーナーとのやり取りもなかなか聞かせるね。これで、走り続けるコウイチの想いが伝わり。ビバ☆オーナーも、上りつめた時に気が付いたら1人ぼっちだった・・って、苦い経験を、コウイチに打ち明け、でも、コウイチには仲間がいることの大切さ、忘れてはいけない・・ってことを優しく語りかける。
いいシーンになりました。

合戦の時、ヤラと台から下りる時ね、ちょっと、うめき声が聞こえちゃったのだが。。。ん?痛かったかな。聞き間違いかな?と、余計なことは書かないように‥と思ってはいたが、やはり書いちゃった。ゴメンネ光ちゃん。
あと、前後するが、カーマジックの時に車に飛び乗る時ね、いつもより軽やかじゃなかったのも・・秘密です(笑)

「誰か止めてーーー」「やめろコウイチ~~」とか、驚愕の声が飛び交う階段のシーン。
もう、とりつかれたようになってしまったコウイチが、いたのですな。のちのヤラの告白にもあるが、本当に「誰かとめろよ!なんで誰もとめね~んだよ!」ですよ。本当にその通り!!「そうだ・そうだ!」と言いたい・・テヘ

階段落ち後のコウイチのうめき声に、自分もさらに苦しくなりながらの拍手。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント