シンプルおばさんの呟き日記

映画・KinKi &光ちゃん・三毛猫にこのことなどをつらつらと呟いておりますカヨンです。

16日観劇前の行動記^^

ともらちと待ち合わせて先ずは腹ごしらえ。ともらちは行ったことない・・との事で、私が好きな久々の「響」ランチ(^Q^)

1時過ぎに入ったので、限定30食が終了していましたので、私のメインは「海鮮あられとろろ丼」

2012031613110000.jpg

そして、ヘルシーダイニング・・バイキングではこの通り、お野菜中心・・てかほとんど野菜で占めているカウンターバイキングコーナーにて大好きな野菜を様々いただいて、満腹・満腹。ともらちはお豆腐をおかわりしていたな。美味しいです。
2012031613080000.jpg

そのままパリパリと食すのです。ドレッシングはポン酢にした。
2012031613300000.jpg

お腹が満たされた次は私が行きたかった処。
日本を代表する絵本画家の一人、黒井 健さんの作品展です。
画業40年記念「黒井 健 絵本原画の世界~物語との出会い~」展

2012031711120000_20120317112028.jpg

断捨離を決め込んでいる最近の私ですが・・・買ってしまった。
展示作品を見ていて、泣きそうになりました。絵本コーナーもあって、座って読めるのですが、最後まで読んだら絶対に泣いてしまうと判っていたから、読めなかった。
イイ年したおばちゃんが絵本読んで泣いていたら・・・人前では恥ずかしいもんね。
この本は其々の絵本のさわりだけが載っているのですが、絵がとても優しくて、言葉がとても胸に沁みて、心が洗われます。
2012031709520001.jpg

あのね・・・一つだけ紹介させてもらいたい。。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。



私は息子たちが小学生の頃、国語の教科書を読んでは泣いてしまったことがちょいちょい。
「もちもちの木」「ちいちゃんのかげおくり」「ごんぎつね」等々

黒井氏は新美南吉・宮沢賢治さんたちの作品に、優しい色・風を吹き込んでいます。

私も、友も感動した言葉。

『小さなせつこはお母さんの瞳の中に自分がいるのに気づきます。息をつめて見てみると、緑の山と青い海が。
するとお母さんは、美しいものに出会ったら、一生懸命見つめなさい、心にすみつくのよ、と教えてくれました。』   1988年・あまんきみこ作【おかあさんの目】より

私の感想・・ってか、気持ち。
親の目にはいつも子どもが映っている。
成長をずっと見守っている。
危険が及びそうな時は身を持って救い、病気になったら、夜も寝ずに看病する。
そして、美しいもの(言葉や、思いやる心や・・)を、大切にする気持ちを自然と教えているような気がする。

我が子に置き換えると、もう成人した。これで親としての保護はいらなくなるが、遠くから見守る心はいつまでも持っている。
そんなことも、ふっと考えてしまった。


作品展は松屋8階にて3月26日まで開催しています。入場料:1000円 お時間があったら是非。。

Comment

[1561] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[1563] 非コメさん、コメントありがとう^^

ウチは男子だからね~子離れ・親離れ・・せざるを得ない^^
信用して見守っています(*^^)

あ・・レポもどき、忘れていることが沢山・・なのに、読んでくれてありがとうm(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント