シンプルおばさんの呟き日記

≫映画

【グレイテスト・ショーマン】

実在したアメリカの興行師P・T・バーナム(1810年~1891年)を主人公にしたミュージカル。
楽曲は「ラ・ラ・ランド」の音楽チームが担当。

テンポ良く進むストーリー。
ヒュー・ジャックマンの華麗なパフォーマンスもさることながら、キャスト全員のパワフルなダンスシーンは圧巻!
この作品のテーマ【 This is Me 】ありのままの自分「これが私!」
勇気と夢・・沢山の想いが詰まったエンターティメント。
素晴らしいパフォーマンスの世界。
エンターティメントとは、人を幸せにすること。正にその通り、極上の作品に心躍りました。
是非、劇場でご覧になってください(←プロモ?ww)
エンドロールにも素敵な曲が流れ、バックにはストーリーの絵画が。なかなか凝っています。

光ちゃん、ミュージカル映画撮ろうよ~~(アハどさくさに紛れてww)
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

不能犯

松坂桃季くんの悪役を観に行ってきました。

「愚かだね、人間は」←宇相(うそぶき)の言葉が説得力あるなぁ・・って。

本日公開なので、ちょこっとの感想は下に↓ちょっとしたネタバレになるかもしれないので・・。
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。



MORE »

【祈りの幕が下りる時】

終盤は涙涙でした。
本日初日で、週末ということもあり、いつもより大勢のお客さん。
なので、隣に男性客が座っていたのですが、彼は声をあげて泣いていました。

小日向さん、ひよりちゃんに心震わせられます。
まさか、サスペンスでこんなに泣くとは・・涙が止まらなかった。

本日公開初日。ネタバレになっちゃうので、これ以上は書きませんが、お勧めの逸品wwです。
エンドロール流れるフィナーレで意外な人たちが登場しますので、席を立たないでね。
ほっこりしますよ~^^
JUJUの主題歌♪東京 も素敵ですし。

そして、私は‥と言えば、
「ウォーキングは少しづつ慣らしていって」ってドクターの言葉を分析すると、‟そっか!そろそろ慣れたな・・”って自分なりに解釈してね、じっとしていられない性格も手伝って、本日、いつもの「イオンシネマ」に行って来ました。
どうしても、観たかったの。この映画o(^▽^)o
本も読んだし。あ・・あと、腰の調子もなんとなく違和感。歩いて筋肉鍛え始めなくちゃ‥って気持ちもあり~の

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

【オリエント急行殺人事件】

今日は今年初のEnglish school でした。
勿論、歩かずに、バス⇒電車でお出かけ。
after school に「オリナス」まで少しだけ足を伸ばして、TOHOシネマズにて、念願の「オリエント急行殺人事件」を観てきました。
いつもの映画館へは30分歩くので、今は我慢しています。

オリエント急行~~は内容は判っているのですが、ゴージャス感やキャストが代わってのオリエント急行~~も観たかったので、明日が最終日とのこと。間に合いました。
ラストは・・・温情・・です。それがなんともホッとするのです。

劇場の客席は結構埋まっていました。

さて、これからは観たい映画が目白押しです
いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

【彼女がその名を知らない鳥たち】

今日は英会話schoolの帰りに錦糸町の楽天地映画館にて沼田まほかるさんの小説の映画化【彼女がその名を知らない鳥たち】を観てきました。
いつもウォーキングがてら行かれる近隣の映画館では上映しておらず、調べたら楽天地にて上映している、しかも、英会話のLesson終わってから、ちょうど良き時間だったので、軽く昼食を買って、久々の楽天地にて映画鑑賞。

今では映画館がかなり、増えましたが、息子たちが小さい頃はほんのわずかの劇場しかなくて、【ポケットモンスター】【ドラえもん】など、立ち見や通路にチラシを敷いて座り込んで観たものです。

そんな数少ない映画館時代によく息子たちを連れて行ったのがこの楽天地。
とても久しぶり。
ここでは指定席の発券ではなくて、自由席のみ。
なので、劇場に上がったら(4階だった)列ができていた。

この映画は実は小説を読んだので、是非観てみたくて、丁度本日はレディースディで¥1100で鑑賞。

主人公の十和子役の蒼井優さんがなかなかイヤな女を好演ww
松坂桃季くんがシュッとして、なかなかの好青年・・は表面だけ、実はイヤらしい好色な男。
恋人(なのかな・・)を利用するだけ使い尽くす最低な男・・黒崎(竹ノ内さん)を。
一途に十和子を守り抜く亭主・陣冶を阿部サダヲさんが、切ないくらいに・・

十和子のベットシーンがちょっと多いのでは・・と思ったのですが、それがないと、十和子の女の性(さが)や水島(松坂くん)や黒崎のゲス感が浮き彫りにされないんだな‥と思った。

本は読んだのだが、沢山本を読んでいるので、既に内容を忘れかけていたのだが、映画を見ている内に・・そうだ・・そうだった・・と思い起こして、映画のリアル感をまざまざと見せつけられた。
そして、悲しすぎるほどの純愛物語に・・ラストで涙が出た。

あ‥因みに↓一昨日のこんなしょうもない、つまらないUPに拍手をくださり、ありがとうございます。感謝しております(*´ω`*)

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

 | HOME |  »

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント