• カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

2014/10/21(Tue)

どヤ!

巷で噂のどヤ☆酔っぱらい光ちゃんww
聴きました~。
いやはや、そら、すきっ腹で、紹興酒1本空けた・・って、そら、酔っぱらいますわ~
オープニングから“うぇ~ぃ”連発でしたね~。
どうやらヘアカットしながらの“どヤ”収録だったようで。。
早々に眠たくなったり、悪態ついたり・・なんとも、珍しい光ちゃんでした^^
一番可愛かったのは、お便りを読み上げたあとに、つよちゃんに「読めてた?」って聞いたところ。

ブンブブーンのロケにて飲んだ様子。
つよちゃんの言うように、OA楽しみにします^^

終始、つよちゃんを頼り切っている、カワイイ酔っぱらいでした。

そして、今日のロケは埼玉県内だったそうで、友だちが、その駅を通過しちゃった~って。
悔しがっていた‥光ちゃんに逢いたかった・・って
下車したところで、逢えたとは限らないもんねぇ~。

また食べるロケだったそうで。2人のまったり感が堪りません。
初回日、私は仕事で、リアルタイムで見られないのが残念だが、録画してゆっくりみるっちゃ。

さて、明日は教室に行っての帰りに座長キンキをいただきに行きます。
今回は速攻観なくては。。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
Home | Category : ラジオ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2013/07/05(Fri)

「どヤ」ぷちレポ

DSC_0789_20130705201618.jpg

友だちからのにて、まりやさんゲストの3日間分の光ちゃん「どヤ」を聴くことが出来ました。39

7月1日(月)
「声のハリがいつもと違う‥と感じてらっしゃると思いますが。もうどうしよう。なんでこんな番組に」と恐縮する光ちゃん。
「ごめんなさいね」とこちらも恐縮するまりやさん。

ふつおた美人
まりやさんと同じ私もふつうのオタク・・って意味だと思っていた。
ふつうのお便りってことだったのね。眼からうろこww
席替え・・お便りに絡めて
光ちゃんは「派手なグループの中にいてその中で地味な・・自分の人生を物語っているような」って、まりやさんじゃないけど、面白いこと言う。光ちゃん、言葉のチョイスが上質になってきましたね(笑)
SHOCK1000回公演達成に触れて沁みるお言葉を光ちゃんに。
詩を書くのは締め切り迫ってからだそうで、光ちゃんと同じ。
お風呂に入っている時にヒラメク・・って、そこも同じだったね。
アインシュタインが言ったって、「脳がリラックスしている時にはヒラメキがあるんだって」まりやさん。
光ちゃん、つよちゃんのことも、もう片方の剛さんはストックしておくタイプだと。何気にツヨちゃんのお話も織り込み、流石に愛しのKinKi Kids です。

7月2日(火)
ふつおた美人
喉仏・・私も光ちゃんの喉仏大好きです。色気をかんじますです。んふ
まりやさんに“色白”・・言われてるww
手・・職人の手とも言われてる。流石まりやさん。良く判ってらっしゃる。
ルックスが王子さまなのにマインドが職人と。なんて素敵な表現されるのでしょう。流石感性溢れる女性ですね。
まりやさんは声がコンプレックスだったと。でも私、まりやさんの歌声好きです。

硝子の少年レコーディング秘話
達郎さんが帰ってきて「剛の歌が上手なのは判っていたが、光一の声がいいんだよ。ゆ・び・に・・って、出だしの情けなさがいい」って。
そうですね~私も光ちゃんのゆ・び・に・・のところ、危なっかしくて、か弱くて、本当に硝子の少年・・ってイメージぴったりだったよね。ちょっと、ハラハラしたりして、でもそこが魅力だったんだ。

7月3日(水)
「今週は竹内まりやさんと2人でお送りしています」
お便り
『最近独り暮らしを始めたのですが、独り言を言ったり、テレビやメールを見て笑ったりしていることが多くなった気がします。そんな自分に気がついて、さびしくなりました。』

「いいじゃないですかね~」ってまりやさんも光ちゃんも
光ちゃん「たぶん18歳だから、彼氏もいないしとか、そう言うさびしさかもしれないですね。」って、良く判ってるね光ちゃん。
まりやさんは「悩みがあるのが人生。その悩みをどうして行こうか・・って言うその頑張りがそのプロセスこそが人生だし、良いと思う」「私いつもね、光ちゃんに聞こうと思っていたんだけれど、あれだけの、SHOCK見て(階段落ちとか)あんな怖いことをやって、こういう番組をやり、取材をやり、テレビに出たり・・ってハードな生活の中で、一番達成感を自分が覚える瞬間はいつ?そのエネルギー源はどこにあるのかな…ってそれをやり続けられる。」
光ちゃん「勿論、本番も、ま、舞台とかだと、好きなんですが、それをリハーサルしている時が好きなんです。」
まりやさん「練習している時?なぜ本番より、リハの方?」
光ちゃん「なんやろな~」
まりやさん「出来上がってゆく、プロセスの中に喜びを?でも不安とか、今回は上手くいくかしら・・とか」
光ちゃん「勿論ありますよ。その時は早く本番迎えたいな・・って思います。始まったら始まったで、終わった時の達成感は勿論、素晴らしいものが。始まっちゃったら、またリハに戻りたいな・・って。」
まりやさん「本当?ストイックなのかな。でもストイックでないと続けられないようなこと一杯やっているから。」
光ちゃん「ストイックじゃないです。どちらかと言うと、不器用ですし」
まりやさん「偉いなぁと思って。それ、絶対聞いてみたかったから。」「結婚とかは?」
光ちゃん「いつかしたいですよ。自分の家族のような」
まりやさん「いいパパになると思うんだよね。」

まりやさんがある時期からTVに出なくなったって、そう言うことだったのね。
自分には合わないって。そうだと思う。自分を良く知ってるし、自分を持っている人だから。あ~言うTVのチャラチャラ度が合わないんだろうな。
音楽をやりたい・・そのまんまだよね。無理をしないで自然体。そんな女性だから素敵に輝いているのだね。
安っぽくないもん。

♪HHG秘話も素敵。コーラスのまりやさんの話は知っていたが、Jrだった、山Pやニノたちも?そうだったんだ。

自分が作った曲に拘らず。私も光ちゃんのそのスタンスは好きです。

マイナー曲が好きな光ちゃんも私のツボですww

キンキの2人はマイナーな曲が似合う。声が哀愁あるから。
まりやさんが好きなのは、♪愛されるより愛したり ♪雨のメロディ
因みに私は♪ビロ闇♪情熱♪も好き。もっともっと好きな曲いっぱいあるけどね。マイナーじゃないけど、アニバもHoDも好きだし。キンキの曲で好きなのを書き出したら止まらないね。

か弱い♪ゆ・び・に・・・って歌っていた少年が今や、SHOCKでも、自身満々で素晴らしく歌い上げている・・って感じのなによりのお褒めの言葉をいただきました、光ちゃん。 

因みにまりやさんの曲で私が好きなのは♪告白 ♪シングルアゲイン ♪駅 どれもマイナーな曲。
何を隠そう私もマイナーな曲が大好きなのです。私‥哀愁あるから‥なんちってぇ~~~(爆)

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
Home | Category : ラジオ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/09/01(Sat)

解禁曲!

J-net にて【どヤ】でOAされる曲がUPされています。

9月3日(月)♪Danger Zone
  4日(火)♪Slave Maker
  5日(水)♪Danger Zone
は・・3日と5日は同じ曲なのねん。なんだか、♪DZって、セクチー路線でしょうかね。。デヘヘ~

多分、予約録音できそうもないから・・オアズケ。横アリには間に合うし。。って、チケ取れたらね

ある意味ステージで初聴きも斬新且つ燃えるよね。そう言う意味じゃ、敢えて聴かずに行くって手もある。
それはそれで、冒険だな

さて、今夜は仕事夜勤務。夜ってね、電話とか少ないから、案外、楽ってこともある。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

Home | Category : ラジオ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/06/17(Sun)

ラジオ

『今日は一日“ザ少年倶楽部”三昧』
NHK-FM☆午後0時15分~午後11時00分
かっちゃんや、長野くん、小山くんがゲスト。
ジャニメンのレアなお話聴けるかな^^
でもさ、私はやはり・・・動くキンキ・動く光ちゃんを見たいのだ
もちろん、≪どヤ≫光ちゃんの声も聴きたいが、いかんせん夜は・・ムリ・・。既に録音も諦めた。
年齢的に早寝早起きの毎日ダス。


小山くんはWebの特設サイト内で、初期の頃の光ちゃん提供曲「Private Hearts」について触れています。
大好きな曲だって
どんな曲なのかちらん?興味ある。。
ん?かつて、ぴぃちゃんファンだったOちゃん、CD持ってるかちらん?


いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。
Home | Category : ラジオ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/06/05(Tue)

オールナイトニッポン☆ゴールド^^v

数日前に情報キャッチ。
拓郎さん・坂崎さんがキンキとの出会いと軌跡(大げさかな)と語ってくれると。

忘れないようにしようと、思っていたのだが、やはり、すっかり忘れてしまった・・でもって気付いたのが、11時過ぎ・・うわ~~間に合うか?11時15分頃、慌ててMDで録画少しリアルタイムで聴き入ったいたら、キクチPの話をしていて、“おっ!これからか?”と少し聞いていたら、キンキとの出会い・印象をお話していて、一安心。レアなキンキの素顔・・大人な2人の会話に心地よい気分で、録画セットして、寝ました。(ハハハやはり寝る
その前にキンキの事お話していたかどうかは判らないけれど、とにかく11時過ぎからの録画をリピして聴きました。

割愛しつつ、レポしてみました。

拓郎さん「キクチさんから何度か歌番組にゲストで出てくれ・・って言われてて、“俺その歌番組に出る気あんまりないんだよ・・”って言って、それだったら、番組作れって言っていたんですよ。毎週、週一の帯でいいから≪エド・サリバンショー≫がやりたいって。この番組に出れる歌手はステータスとして、はくがつく・・そう言う歌番組があっていいじゃない・・って。それだったら、俺、エド・サリバンなって、司会する・・って。
キクチPが企画としては面白い。納得できるが、拓郎さん一人じゃ問題があります。数字です。あなた一人じゃTVの数字がとれない・・って辛辣に言われたんです。で、数字とはなんぞや・・と、どうやって、歌番組とか成り立っているのか?とか、事細かにキクチくんに教わって!」

坂崎さん「そんなことまでハッキリ言うんですね?」

拓郎さん「ハッキリ言われて、俺すっきりして、なるほどな・・と、俺は夢を叶えたいからさ、夢を叶えるには数字というものも必要だと。ある程度数字取らないと、続けてやっていけないと、非常に納得いくことで、じゃあどうすればいいかと・・と言うところに、キクチPが“キンキキッズと言うグループがいるんですが、まだCDデビューしていないので、まだブレイクする前なんだけれど、間違いなく僕はブレイクするとにらんでます。”と、で、俺はどこの事務所?って聞いたら“ジャニーズです”と。俺はジャニーズと言うと、SMAPは知っているけど、キンキキッズは知らなかったんだよ。お笑いグループかな・・と思って、お笑い系の人だったら、僕ヤダよ・・って言って。そしたら“そう言うんじゃありません、ちゃんと2人っきりで・・ヂュオで、歌も歌うし踊るし、これから芝居もするようになるし、間違いなくブレイクするって思っている”って、キクチが‥そう言うところからこの番組(Love Love愛してる)が始まろうとしているわけ」

坂崎さん「キンキは、リハーサルまでは会ったことなくて?」

拓郎さん「いや~リハーサル前に何度か顔合わせしてるんです。すっごい礼儀正しい2人で、ビックリして。あと、ビックリしたのは2人ともすっごい無口で。口数が少なくて。」

坂崎さん「緊張していたんじゃなくて?」

拓郎さん「いやぁ~~あの2人無口だよ。吉田拓郎と坂崎みたいにべらべら喋らないよ。しかもまだ子どもだからさ。まだ17歳だったんだから。すごい言葉数が少なくて、なんか抑えている2人だったなぁ・・印象が。もっと関西弁で喋り捲るかと思っていた。」

坂崎さん「で、それで、エド・サリバンショーみたいっていうか、拓郎さんの考える音楽番組の狙いは・・どうだったんですか?始まってみて。」

拓郎さん「坂崎もそうだけれど、始まる前にミュージシャンの一流を集めなくちゃ気が済まないって。お金がかかるかもしれないけど、名のあるミュージシャンを集めたいと。ミュージシャン集めが凄い時間がかかった訳。始まるまでに苦労したんだよ。いろいろ」

拓郎さんの≪Love Love ~≫番組の感想。
「若いアーティストが来るんだよ。若いゲストん時に俺面食らうんだよ。判らないアーティストが来ると・・・。
若い観客の中でやるって恥ずかしい・・ヤダなぁ~って、辞表を。。
ゲストを含めて4人でバカ話をしなきゃならないって、ヤだったなぁ。」


拓郎さんがTVの司会をキンキとやって。。

拓郎さん「音楽作りが変わったし、キンキキッズと言う若者を知って、凄い身体が洗濯された気分になったね。
あいつらは俺を洗ってくれたな。非常にあの2人とずっと時間を過ごしててさ、俺変わったの自分が。ウチのヤツにもね、“拓郎変わった”って言われた。先ずね、着るものが変わったね。おっさんくさくなってたんだけれども、全部なくなって、スタイリストさんっているじゃない。キンキと一緒に、カムカムギターキッズって、コーナーで必ず着なきゃならなかったじゃない。あれで、変わったね。それからキンキの2人が時々俺にボソボソッ・・っと、いろんなことを情報として、教えてくれる訳よ、今こんなのが流行ってます・・って関西弁で。
俺は光一と剛に凄く・・育てられたと思っている、自分が。50過ぎてから良い人生を送れたと思うよ。あの数年間は貴重だね、俺にとって。特にキンキキッズとの出会いは大きかったね。」

坂崎さん「そうですよね、結構打ち上げに行ったりとか」

拓郎さん「一緒にいたよ。あの・・旅先もさ、ロケに行ったりとか海外に行ったりとか一緒に過ごしているわけじゃない。収録が終わった後とかも、だから一緒の時間が長かった。」

坂崎さん「確かに拓郎さはあの番組から変わりました。あと、キンキキッズにギターをね、拓郎さんと僕で2人で、この、いっこも弾けなかったところから」

拓郎さん「♪きよしこの夜 も弾けなかったんですから」
坂崎さん「あれは凄いインパクトがあったみたいで、弾けなかった連中とかこれから始めるって人たちが・・」
拓郎さん「いや~剛なんか一流ミュージシャンになったじゃないの」
坂崎さん「もうね、で、光一も、いつ練習してるんだろう・・って思うくらい」
拓郎さん「光一はね・・練習してない。」
坂崎さん「アイツでも飲み込み早いっすねぇ~」
拓郎さん「(飲み込み)早いんだよ・・アイツはだけどね、我流でね、わりとそう言うふうにやってのけちゃうタイプなのよ。わりとね、ああ見えて、光一は器用なんだよ」
坂崎さん「ドラムとかもやっちゃう。剛は意外とコツコツ型」
拓郎さん「あ~(剛は)コツコツ型。光一はハッタリ型」
坂崎さん「ハッタリ型か・・やるって言うと出来ちゃう。本番前にちょちょちょっとやるだけで」
拓郎さん「そんだけなんだよ、絶対練習なんかしてないんだよ。アイツすぐ判るんだけどね。やってるように出来るんだよ。」
拓郎さん・坂崎さん「2人の才能を改めて発見しましたねぇ~。
あの番組で自分たちもいろんなミュージシャンとの交流も広がりましたねぇ~。」と〆ていました。

オジサントークはいつ聴いても楽しいね。
なかなか、聴く機会ないのだけれど^^

キンキキッズのバランスを感じるね。
当時、私も光ちゃんの(ラブラブに限らず)器用さに感心していた一人です。
坂崎さん・拓郎さんは今も、これからもキンキを見守ってくれていますね。
有り難いことです。

いつも拍手をありがとうございます<(_ _*)>励みになります。

拍手コメントのお返事です
Home | Category : ラジオ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top